×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ニキビと漢方薬についても最近は注目されています


ニキビと漢方薬

ニキビに効果のある漢方薬についてですが、今の医療というのはニキビの治療でも他の病気でもほとんどの場合が西洋医学が主になっていますが、ニキビというのは体質によって大きく差が出てきます。ニキビは根本的には体質を見直さないと治療しても意味がありませんから、ニキビは体質改善にとても効果があるといわれている漢方薬が効果的だといわれています。ニキビに効果があらわれるといわれている漢方をここではいくつか紹介したいと思います。

まずは荊芥連翹湯と呼ばれる漢方です。これは若い人に特に効果があるといわれていてからだの中の熱を冷ます効果もありますし、血液の流れをよくしてくれるんだそうです。ですからニキビを体の中から綺麗にしたい人にはおすすめの漢方薬です。他にも、ニキビに効果のある漢方薬としては暴風通聖散と呼ばれる漢方薬があります。これは体の中の熱を冷ましてくれますし、食べ過ぎでニキビができている場合に効果があるといわれています。そして最後に、桂枝茯苓丸という漢方薬があるのですが、これはホルモンのバランスを安定させる働きがあるので、ホルモンのバランスが崩れたことでニキビが恵来ている人などにおすすめの漢方薬です。

ニキビとco2レーザー

ニキビの治療方法でco2レーザー治療と呼ばれる治療方法があります。これは一般的なニキビのレーザー治療のひとつで、ニキビ跡のレーザー治療のさきがけだったとも言われています。CO2レーザーというのは水に反応するという赤外線をあてて熱エネルギーを換えます。そしてそれによって皮膚を焼くことでメスでニキビを治療するよりも出血量も少なくてレーザーメスの一つとして使われているのだそうです。これによってニキビの治療を行っている美容外科は多いようです。

ニキビの治療だけでなく、ニキビ跡やほくろ、シミやしわなどの治療にも使われている方法です。ニキビの治療としてCO2レーザーを受けた後はすこし皮膚がほてったり赤い感じが残ってしまう期間が大体1ヶ月から2ヶ月くらいあるといわれています。ニキビの症状を改善させようと思っている人は一度では治療し切れませんから2-3回とかよってニキビ治療のCO2レーザーを受ける必要があるようです。何度も通わなくてはいけないのは少しニキビ治療としては時間がかかると思うかもしれませんが、数回通っただけで、ニキビ跡なども綺麗になるならいいと思います。CO2レーザーではニキビだけでなく頑固なニキビ跡にも効果的です。

ニキビとクールタッチレーザー

ニキビの治療ではレーザー治療が一般的ですがレーザー治療といっても色々な種類のレーザー治療があります。ニキビの治療のクールタッチレーザーというのは、真皮の上の部分の繊維芽細胞を刺激してそれによってコラーゲンを作ってニキビやニキビ跡、しわを改善させるというレーザーの治療方法です。ニキビ治療のクールタッチレーザーは冷却装置をつけたことで、今までのレーザー治療のように表皮を熱で焼いて傷つけるということがなくなりましたから、CO2レーザーのように、術後1-2ヶ月ほてりや赤みが続くなどといったダウンタイムと呼ばれる期間がありません。

ニキビ治療のクールタッチレーザーという治療はダウンタイムがないために、誰でも治療できて、しかも、ニキビ治療をしてきたということを見てわかりませんから知られることなく出来るんですね。ニキビ治療をしたことがわかられないのは嬉しいと思います。また、料金の面でも、他のニキビ治療のレーザー治療と比べると安いですが、ニキビ治療の効果は一度レーザー治療を受けただけでは効果があらわれませんから何度も受ける必要があるニキビ治療のひとつです。しかし安いのと、ニキビ治療を受けた後が全く残らないことで何度もうけられるのがうれしいですね。

ニキビとクリアタッチ

ニキビの治療方法にクリアタッチと呼ばれるレーザー治療の方法があります。このニキビ治療のクリアタッチレーザーではニキビの原因になっているアクネ菌を生むといわれているポルフィリンという化学物質に反応するために、少しのレーザー照射でも活性酸素が発生してニキビの元になっているアクネ菌を殺すことが出来るというものです。ニキビの発生自体を防いでくれるレーザー治療になりますね。ニキビ治療のクリアタッチの青い色の光というのは活性酸素を誘導して、ニキビの元になっているアクネ菌を殺菌してくれます。赤い色はニキビの症状の一つである赤みや他にも炎症などを抑えてくれますし、局部的な熱を使ってアクネ菌を殺菌する効果があります。

ニキビ治療のクリアタッチレーザーはクールタッチレザーというニキビの治療方法がありますが、これと同じように表皮を傷つけずにニキビの治療をすることが出来ますし、今までニキビに悩んでいる人で重症だった人にも効果があります。また顔のニキビだけでなく、胸や背中のニキビにも効果的だということです。なかなか顔のレーザー治療のように狭い範囲で治療はあっても、広い範囲のニキビの治療は少ないので背中などのニキビ治療にはクリアタッチがいいかもしれません。

ニキビとVビームレーザー

ニキビの治療方法に、Vビームレーザーと呼ばれる治療方法がありますが、このニキビ治療のVビームレーザーというのは、赤い色に反応する色素レーザーの一つです。皮膚がニキビによってあかっくなっている原因になる毛細血管をこのレーザーによって壊すことで、赤ら顔や血管が拡張している症状にも効果があらわれますし、他にも、ニキビやニキビ跡の赤い色の皮膚の改善、治療にも使われるレーザーです。ニキビ治療に使うレーザーの照射を抑えることで、皮膚上層を刺激することでコラーゲンが生まれます。コラーゲンが新しく生まれたことによってニキビやニキビ跡の凹みなどを治療改善する力があるといわれています。

ニキビ治療のレーザーを使ったものは痛みを伴うのではないかと心配になる人も中にはいるかもしれませんが、このニキビ治療のレーザー治療では冷却装置を使っていて、レーザーで照射するときの痛みをやわらげてくれる効果がありますから痛みはましなんだそうです。全く痛みは無いということではなくて痛みは少ないといえるでしょう。ニキビ治療にはレーザーのものが一般的で色々と種類がありますが比較的このニキビ治療おVビームレーザーの場合は赤いニキビの症状に効果があるといわれています。

ニキビとタバコ

ニキビとタバコはとても関係しているってご存知でしょうか。思春期でニキビに悩んでいる人はきっとタバコとは無関係だと思いますかが、大人ニキビに悩んでいる人でタバコを吸っている人は関係があります。タバコの煙というのは血管を収縮して酸素が体内に送られにくくなってしまいます。それによって血の巡りが悪くなって、それは体だけでなく顔にも表れて顔の新陳代謝が悪いためにニキビが出来るといわれています。また他にも、タバコというのはビタミンCを大量に体の中で消費してしまいます。このビタミンChaニキビなどの跡や色素の沈着を防ぐ働きをしているので、タバコを吸ってしまうためにニキビやニキビ跡の色素沈着がひどくなってしまいます。

タバコを吸う人はお酒を一緒に飲む人が多いのですが、タバコを吸いながらのお酒は一番肌にとってはよくありませんし、ニキビを作ってしまう原因になります。ニキビを作ったり、ニキビを悪化させる原因になるので、ニキビが出来やすい体質の人やニキビが出来ている人は、タバコもお酒も控えるようにしなければいけませんね。普段両方すったり飲んだりしている人は試しに一度両方をやめてみてください。きっとニキビの出来ない綺麗で健康的な肌に生まれ変わります。

ニキビと水分摂取

ニキビの人は水分摂取を心がけることでニキビが改善されるといわれています。なぜ水分摂取がニキビに効果的なのでしょうか。ニキビに水分摂取が効果的な理由というのは水分を沢山体内に取り入れると、尿や汗がたくさん出ますから体の中にたまっていた老廃物を体の外に出してくれます。それによって体や顔に老廃物が溜まりにくく、ニキビが出来にくくなるということになります。そして水分摂取をするということは他にも、便秘の解消にもなります。便秘では消化されたものが体の中にいつまでもたまっていて有害物質を出す原因になります。有害物質は腸で吸収されるとニキビを悪化させることになるとも言われていますから便秘はニキビには良くないのです。

ですから水分摂取を沢山することで便秘の解消にもなり、ニキビを改善するわけです。大体どれくらいの水を摂取すればニキビに効果があるのかというと、大体1日に2リットルくらい飲むのが理想と言われています。水分は飲み続ければ飲むほどニキビが改善されるそうですから頑張って飲みましょう。水分摂取はこのように体全体を健康にしてくれる働きがあります。ニキビにも便秘にも効果があるので女性の悩みを解決してくれる一つの方法です。

ニキビと紫外線

ニキビにとって紫外線は大敵だといわれています。紫外線はビタミン類を壊してしまいますからニキビが出来やすい状態になって今いますし、毛穴が詰まってしまうことにもなってニキビに直接関わってきます。ニキビには紫外線は大敵ですが、どうやって紫外線を愛策したらいいのかというと、ニキビに悪い影響を与える紫外線を出来るだけ受けないことです。朝の10時ごろから夕方の4時ごろまでは紫外線が強いですから外出しないようにして外出する際は日傘をさしたり、帽子をかぶるようにします。そして日焼け止めクリームを塗ってニキビに悪い影響を与える紫外線を予防しましょう。

またニキビにならないためにも、紫外線を浴びてしまったと思ったら出来るだけビタミンやたんぱく質をサプリメントでも食品からでもいいですから大目に摂取して皮膚の抵抗力を衰えさせないようにも気をつけましょう。ニキビ跡にも紫外線をあびると色素沈着してしまうとも言われていますから、出来るだけニキビ跡がある人は紫外線を浴びないように気をつけたほうがいいですね。ニキビと紫外線、直接目に見えて悪いような気がしませんが、ニキビにとって紫外線はとても悪影響を与えますし、症状を悪化させてしまいますから気をつけましょう。

ニキビと髪の毛

ニキビと髪の毛ですが、髪の毛が長くて、例えば、額に髪の毛がかかってしまっている場合、額にニキビが出来やすいといわれています。それは髪の毛が額を刺激してその刺激によってニキビが出来るとも言われているのですがもう一つ、当たっている髪の毛がきちんとシャンプーなどのすすぎが出来ていなくて、すすぎ残しによってその部分にあたって、皮膚が炎症を起こしてニキビが出来ているとも言われています。出来ればニキビが額にできている人は髪の毛を短くするとか、前髪がニキビが出来ている部分にかからないようにするのが大切です。意外と額のニキビを隠したくて前髪をわざとおろしている人も多いのですが、出来れば髪の毛はあげてしまったほうがいいと思います。ニキビと髪の毛はこのようにとても密接に関係しています。

ニキビを人前にさらしたくないから普段はおろしていても、例えば自宅に帰ってからはカチューシャなどをして、前髪を上げたり結んだりするのも一つの方法かもしれません。特に寝ているときなどはニキビに髪がかからないようにしておくとニキビの治りも早いといわれていますからニキビを早く治したい人は、髪の毛がかからないように工夫するといいのではないでしょうか。

ニキビと肌のタイプ

ニキビは肌のタイプによって出来やすい出来にくいなどが決まってきます。肌のタイプというのは4種類あるのですが乾燥肌の人は比較的ニキビは出来にくいといわれています。その理由に、ニキビの元になる皮脂が乾燥肌の人は極端に少なくて、脂っぽさが足りないくらいですからニキビにはなりにくいと言われているのです。そして、普通肌という肌のタイプがありますが、普通肌の人は皮脂の量は多くもなく少なくもない状態で、皮脂が原因でニキビが出来るというよりも、ホルモンのバランスによってニキビが出来たり、生活習慣によってニキビが出来る場合が多いといわれています。

そして肌のタイプの脂性肌の人は一番ニキビが出来やすい状態だといわれています。ニキビの元になる脂がたくさんありますから小まめに洗顔しないとどんどんニキビが増えていくといわれています。肌のタイプにはもう一つ、金剛肌という脂性と乾燥肌が混合している人がいますが、この場合は脂性の部分、特にTゾーンなどに、ニキビが出来やすい体質であるといわれています。混合肌はなかなかケアが難しくて、ニキビが出来やすい部分は小まめに洗顔が必要ですがそれ以外の乾燥している部分をあまり洗顔しすぎると肌が傷つきますから洗顔の後のケアをしっかりする必要があります。

Copyright (C) 2007 ニキビと漢方薬. All rights reserved. ninja